未分類

底地取扱店への相談


借地権の売却をしたいと考えているならば、底地取扱業者に相談をすると良いでしょう。底地というのは借地権付きの土地の所有権のことです。地主は底地を持っていることになるのです。地主には直接の使用収益機能がないのですが、これは借地権者が有しています。

電卓
引用 「借地権売却_ピタットハウス

業者底地取扱業者は借地権付きの土地の売買を仲介している業者です。そのため、さまざまなケースにしっかりと対応してくれます。基本的に底地のまま売却をしたとしても、その土地を自己利用する権利がないため、売却は非常に困難となります。そのため、不動産業者が底地を買い取るというケースが多いです。ただし、この場合は底地の価格はとても安くなります。

地主が借地人に底地を買い取ってもらうというケースはよくあります。これによって、借地人はその土地を完全に所有できるようになるのです。地代をずっと払い続けるよりも土地を購入したいと考えている方も多いのです。

あるいは地主が借地権を買い取るということもあります。この方法ならば、借地人は借地権の売却に成功します。地主が借地権を買取して、同時にその土地の権利をすべて売却するという方法があります。不動産業者に相談をすれば、地主に同時売却を提案してもらうことができます。これによってスムーズに地主に借地権を売却できるでしょう。

未分類

第三者への売却


ピース借地権を第三者に売却したいというケースもあるでしょう。この場合は地主の承諾を得ることが絶対条件となっています。もし地主を無視して交渉を進めてしまうと、話がこじれてしまう可能性があります。そのため、しっかりと地主に確認するべきでしょう。地主との交渉は細心の注意を払って行わなければいけません。

抵当権設定承諾地主とは名義書換承諾を得る必要があります。また、次の借地権者が建物を建て替えることの承諾も必要となるでしょう。また、抵当権設定承諾を得る必要もあります。これは借地権上の建物に対して抵当権を設定するというものであり、こちらも地主の承諾が必要となるのです。また、次の借地権者と契約条件について打ち合わせをする必要があります。どのような目的で利用するのか、地代はいくらか、どのくらいの期間で借りるのかといった点について地主と打ち合わせをするのです。

場合によっては第三者に対して借地権だけではなくて土地所有者としての権利を同時に売却することもあります。これは借地権者が借地権を売却して、さらに地主が底地を売却するのです。これによって第三者はその土地に関するすべての権利を得ることができます。この場合は地主と協力をして売却の交渉や手続きを進めていくことになります。

未分類

地主に買取してもらう


相談借地権を地主に買取してもらうという方法があります。たとえば家を引っ越すことになり土地を返還したいというケースがあります。このときに地主に相談をして買い取ってもらえることがあるのです。ただし、条件が合わないこともあるでしょう。また、地主が全然相談に乗ってくれないというケースもあります。

契約借地権の流通性は地域ごとに異なっており、都心部では売れることが多いのですが、そこから離れてしまうとまったく売れないというケースもあります。そのため、地主は借地権の買取を渋ることがあるのです。借地権を買い取ってしまうと、地代を得られなくなります。新しく別の人に貸し与えようとしても、なかなか借り手を見つけられなくて苦労してしまうこともあるのです。

また、そもそも地主には借地権を買い取らなければいけないという義務はありません。契約期間が満了したならば買取をする義務が発生するのですが、それ以外のタイミングでは特に買取をする必要がないのです。建物買取請求権というものがあり、これによって借地契約が終了する際には地主は時価で借地権を買い取ることになるのです。

よく相談をすればその土地にふさわしい価格での買取に地主が応じてくれることもあるでしょう。不動産会社に相談をすれば交渉を手伝ってくれることもあります。

未分類

借地権の売買について


家借地権というものがあります。これは土地を利用するための権利のことです。たとえば住宅を欲しいと思ったときには、家を建てるための土地が必要となります。その土地を自分で買って手に入れるという方法もあるのですが、そうではなくて土地を借りてそこに家を建てるという方法もあるのです。その際に借地権が必要となります。借地権を得るためには地代を支払う必要があります。ただし、固定資産税を支払うのは地主の方です。また、実際に土地を買うよりも安い価格で利用することができます。そのため、メリットが大きいのです。

借地権そんな借地権なのですが、その土地をもう利用しないつもりならば、譲渡することができます。たとえば第三者に借地権付きの物件を売るというケースが考えられるのです。ただし、その場合は地主の承諾を得なければいけません。また、地主に直接買取をしてもらうという方法もあるでしょう。ただし、この場合も地主が認めなければ売買は成立しないでしょう。

このような借地権の売却については、なかなかスムーズに話がまとまらないことが多いです。多くの場合、借地権を売却する際には地主の承諾を得なければいけないからです。そんな借地権売却について、どのような点に気をつけなければいけないのかを説明しましょう。これまでに借地権の売却をしたことがないならば、分からないことがたくさんあるでしょう。そのような方のために借地権の売却に関するコツを教えましょう。参考にしてください。