未分類

借地権の売買について


家借地権というものがあります。これは土地を利用するための権利のことです。たとえば住宅を欲しいと思ったときには、家を建てるための土地が必要となります。その土地を自分で買って手に入れるという方法もあるのですが、そうではなくて土地を借りてそこに家を建てるという方法もあるのです。その際に借地権が必要となります。借地権を得るためには地代を支払う必要があります。ただし、固定資産税を支払うのは地主の方です。また、実際に土地を買うよりも安い価格で利用することができます。そのため、メリットが大きいのです。

借地権そんな借地権なのですが、その土地をもう利用しないつもりならば、譲渡することができます。たとえば第三者に借地権付きの物件を売るというケースが考えられるのです。ただし、その場合は地主の承諾を得なければいけません。また、地主に直接買取をしてもらうという方法もあるでしょう。ただし、この場合も地主が認めなければ売買は成立しないでしょう。

このような借地権の売却については、なかなかスムーズに話がまとまらないことが多いです。多くの場合、借地権を売却する際には地主の承諾を得なければいけないからです。そんな借地権売却について、どのような点に気をつけなければいけないのかを説明しましょう。これまでに借地権の売却をしたことがないならば、分からないことがたくさんあるでしょう。そのような方のために借地権の売却に関するコツを教えましょう。参考にしてください。