未分類

地主に買取してもらう


相談借地権を地主に買取してもらうという方法があります。たとえば家を引っ越すことになり土地を返還したいというケースがあります。このときに地主に相談をして買い取ってもらえることがあるのです。ただし、条件が合わないこともあるでしょう。また、地主が全然相談に乗ってくれないというケースもあります。

契約借地権の流通性は地域ごとに異なっており、都心部では売れることが多いのですが、そこから離れてしまうとまったく売れないというケースもあります。そのため、地主は借地権の買取を渋ることがあるのです。借地権を買い取ってしまうと、地代を得られなくなります。新しく別の人に貸し与えようとしても、なかなか借り手を見つけられなくて苦労してしまうこともあるのです。

また、そもそも地主には借地権を買い取らなければいけないという義務はありません。契約期間が満了したならば買取をする義務が発生するのですが、それ以外のタイミングでは特に買取をする必要がないのです。建物買取請求権というものがあり、これによって借地契約が終了する際には地主は時価で借地権を買い取ることになるのです。

よく相談をすればその土地にふさわしい価格での買取に地主が応じてくれることもあるでしょう。不動産会社に相談をすれば交渉を手伝ってくれることもあります。